ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< わんこたん強化週間 間隙 | main | 時間軸的にありえない対談 >>

処理できない!

0
    「あらおはようトラ助。」
    「あ…おはようございます…」


    出勤。
    今日は珍しく濃ゆい顔の同僚に覇気がない。
    いつもなら処理に困るハイテンションでウザいぐらいまとわりつき、
    いじめてほしいアピールばっかしてくるんだけど。

    「なんかあったの?」
    「うぅ…いやぁね…  ボクってやっぱ男性的魅力に欠けるんですやろか?」
    「いや…そういうわけじゃ…」
    「まあ別にどうでもええっちゃええんですけどね、こないだボク、経理課の女の子たちに「トラ助はちょっと…」「知るほどちょっと」みたいなこと言われてたらしいんですわ。
    あ、いや別にほんとにボクああいうケツの青い女の子って、まあ妹っぽくてカワイイつうか萌えなんはわかりますけど、根本的にはほんとどうでもええんですわ。しかり方に迫力がないっちゅーか。せやからボクもちろんリオンさんとかアナマリアさんとか一筋ですしね」
    「一筋じゃねーじゃん」
    「いやでもそやかてそんなこと言われてもーたらまあショックですやん?なんか人格否定してるみたいな言い方ですし。何がちょっと受け付けないのか明言せえへんあたりが余計傷つくっちゅーか」
    「まあ…そうね」
    「その子ら相手にどうこうやありませんけどね、やっぱリオンさんとアナマリアさんにもアピールしたいですやん?」
    「いや本人に言うなよ」
    「したいんですよ!!そしてボクのこと優しく叱ってください。あ、いやすんません優しくとかじゃなくてもぜんっぜん、ほんとオッケーです。もうほんとゴミ見るみたいな目で蔑んでくれはってもそれはそれで でも最後は優しくしてくれはるとパーフェクトっつうか」

    「……アンタ 心底気持ち悪いわよね」

    「!!!!!!あざぁーーーーーッス!!!
    ヒャッホウ今日も頑張れるでぇい!!」


    どうやらあたしは、仕事場の潤滑油として役に立っているようだ(?)
    オリジナル覚書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/715445
    この記事に対するトラックバック