ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 間近である | main | サルベージ >>

メモ追記

0
    紅き鎗に穿たれ 砕けて落つ
    散らばる灰を 誰が集めよう

    牙は折れ爪は割け
    依る辺なき爛れた肉
    闇一片を種に晶を結ばん
    黄泉ツ淵より帰り来て
    再生に咽び泣け

    鈴の音の河
    金色に高く
    流れ昇りて
    華と転ず

    鈴の音の河
    紺碧に広く
    充ち渉りて
    跋するに足る

    ただいと高く
    オリジナル覚書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/896911
    この記事に対するトラックバック