ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メモ追記 | main | 居候なの >>

サルベージ

0
    形振り構わず走る。

    「行くな…!おめー絶対許さねーからな!」

    全てが還元されディラックの海に沈む、白い霧。あの中では身を焼かれる苦痛を味わうのだろう。本能が告げている。このアストラルサイドとうつつが交わる世界の生き物として。

    それでも彼だけが躊躇なく飛び込んで行く。海に溶けつつある彼女を引きずり出すべく。




    ただ私には、彼女の手を引き戻したのだけが見えた。そして長い髪が紺碧に染まり、半ば水晶の彫像のように美しく横たわる。



    我が息子ながら、大した度胸だ。あんな中に飛び込める人間なんてそうそういない。親として誇りに思うよ。


    でも私が動けなかったのは物怖じしたからじゃない。


    きっと、彼がいなくなるときもこんなだったのだろう。
    私はそのとき、居なかった。

    まだ時間がかかるのだろうな。取り戻してくれてありがとうと。
    その一言を、息子に言えるようになるまでに。
    ふにふにキャメルァ(写メ日記) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/896913
    この記事に対するトラックバック