ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< がくせん 星泡 | main | がくせん! >>

がくせん!

0
    リプきたキャラ殺してみるタグ




    「……全部、知ってたんですか。」


    カンナは肩を震わせ、泣きそうな顔で涼平を見つめた。


    「……波野さんのことも。瑠璃君のことも。」
    「うん。」

    「知ってて、あれだけ追い詰めて…」


    波野泡沫は黒軍を裏切って神名星姫に殺され。
    禄風瑠璃は赤軍との間で揺れ動いた結果、黒への情報リークがばれて赤の刺客に始末された。
    そして今。

    涼平の足元にはエレキテルが倒れ伏している。
    外傷は見当たらないが、もう呼吸している様子は見えない。

    「大公寺君が今言ってたことは本当なんですね……
    次は青鳥先輩を……殺す気ですか」

    相手の弱みを洗い出し、心を許しそうな人材を近づけ、外堀を埋める。
    黒軍に忠誠を誓うなら儲けもの、葛藤に負け追い詰められて自滅するならそれでよし。
    裏切り者はゆっくりと孤立させ、機を見て静かに始末する。
    それが、カンナが尊敬していた先輩の素顔だった。


    「氷上先輩、俺は… 氷上先輩は黒軍のみんなのことを思って頑張ってるって、ずっと…」
    「思ってるよ。」
    「僕のことも利用したんですか…!」
    「人聞き悪いなカンナ君… 思ってるからこそ、カンナ君に頑張ってもらったんじゃない。」
    「こんなこと、こんなことのために僕は…僕は大事な人たちを…」
    「カンナ君おさえておさえて〜。お前は黒軍の希望だから、失いたくないんだよ」

    短い眉を顰めてに溜息をつく涼平が、死の充満したこの場に酷く不似合いに見えた。
    この人をこのままにしておいてはいけない。

    「ヴァアアアアアアアッ!!」
    せめて、僕の手で黒軍の侵食を止めなければ。
    先輩に励まされて、やっと戦場での進路を切り開けるようになった僕が。
    先輩と一緒に選びにいった愛用の刀。
    先輩に教えてもらった。相手に斬りかかる瞬間、自分の速度も抜刀速度もトップスピードに乗れるように。

    渾身の一太刀を浴びせようと、涼平に向かって駆けていく。



    次の瞬間、体が空気をはらんで浮いた。
    前のめりに地面に撃ちつけられる。

    涼平が刀を蹴り飛ばし、後ろ手にカンナを締めあげた。

    「強くなったね。でも、お前の動きは誰より知ってるよ。」

    露わにされた首に何かが引っかかった。
    ごめんね、と耳元でつぶやく声。

    「さっきあいつに使っちゃったから、楽な殺し方してあげられなくて。」

    喉仏に強い圧力がかかり、視界が薄れる中、カンナは聞いた。
    涼平のいつも通りの声を。

    「一緒に戦えて、ほんとに… 嬉しかった。ありがとう。」
    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/896946
    この記事に対するトラックバック