ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< がくせん! | main | がくせん! >>

がくせん!

0
    殺してみるタグの涼平→紡その1




    俺は毎日テトマに向かう。テトマ信者と言っても過言ではない。テトマの新作肉まんは全て発売初日に制覇してきた。
    500円購入ごとに引けるテトラくじも勿論毎日引いている。
    今日も授業と演習が終わった。作戦会議がまだあるがテトマに向かう方が優先事項だろう。
    今週の新作はテトラ沢庵まんだ。「世界一黄色い!」という何のアピールかわからないキャッチフレーズが逆に興味をそそる。
    楽しみだなぁ。鼻歌うたっちゃう。

    「テトテトテト〜マ テトテトマ〜」
    「てとてと〜」
    「……え?」

    「よぉっす〜こんちは〜!」

    俺の視界を遮ったのはちっさなカメのマスコット。
    カメがぶら下がっているのは、白いブレザーを着崩した少年の腰だった。
    人懐こそうな童顔に、くりっとした灰色の瞳が瞬きをしている。
    大きな黒いケースを背負っているが、重さを全く感じさせない。

    「えと…お前こないだ会った魔王様の…」

    手結 紡。
    黒軍の後輩、黒の美しき最終兵器、手結 維の弟らしい。
    こないだユベキラーとカラオケ行った帰りに偶然会ったのだった。
    しかし彼の所属は白軍。
    姉がいるとは言え、何故黒軍の校門前に一人で来たんだ?
    用があるなら呼び出せばいい。

    「うん、紡だよ。カメです!」
    「魔王様なら多分もう寮だよー?こんなとこ来るんでメールでもすればいいのに」
    「ん〜、ちゃうんよね〜。今日は、えーと姫?氷上姫?に用事があって。」
    「え、俺?」
    「うん」


    なんだろう。全く心当たりがない。
    紡はうんしょ、と背中のケースを降ろした。

    「突然ですが… 姫には、死んでもらおうと思います」
    「なんで?!」
    オリジナル覚書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/896948
    この記事に対するトラックバック