ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【シャムシャ様コスまとめ】実作業・アクセ編、ネイル編 | main |

【シャムシャ様コスまとめぁ杣尊邏函Ε瓮ぅ編〜当日編〜謝辞

0

    シャムシャ様コスプレまとめ

    2018年7月16日の第7回Text-revolutionsにて、丹羽夏子さん(しゃしゃさん)(@shahexorshid)のキャラのシャムシャ様のコスプレをさせていただいたときのコスプレまとめです

    その四

    最終回

     

    前回

    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/?eid=896955

     

    ※テキレボレポというよりはコスプレ準備に重心が偏っています

    ※エエ年こいたお姉さんのコスプレ写真とか入っています

    〇メイク編

     

     今まで数々の最難関を乗り越えてきた私だが、ここにきて最難関中の最難関に直面した。

     

    顔面である。

     

     準備を始めた当初はスタジオ撮影のみを予定していたが、テキレボ遠征を夫が承諾してくれたため、直参コスとなった。7月のテキレボではセフィド製本版が出るので、それに合わせてコスで作者様にお会いできればこれ以上のことはない。しかし、直参は生の顔面のみで勝負となる。当初心の道標としてきた最強コスメ・Photoshopは使えない。顔はやはりそのキャラを最も印象付けるもの。キャラをしっかり表現できていなければならないという重圧が私を襲った。

     

     だが、私の顔面は私が作るしかない。相方に制作依頼をすることはできない。自分の顔と真摯に向き合い、シャムシャ様らしさをどう解釈し顔の上に描き出していくか。

     

    自分との戦いが始まった。

     

     コスプレ対象は「男装の女性」であることから、男装コスメイクではなくきつめの女性キャラメイクにすることにした。髪・眉・まつ毛・瞳の青色を目立たせるため、目元のアイシャドーは肌馴染みのよくあまり色味のつかないブラウンベースのものを何種類か試してみた。

     

     苦労したのは「テーピング」「ダブルライン」の二点である。

     この弛みに弛みまくったフェイスラインを修正するためテーピングは不可欠だと思われた。また、普段と同じメイクでは派手な色のウィッグに顔が負けてしまうため、コスメイクでは目を一回り大きくくっきり見せるダブルラインが重要となる。

     ただこの二点はかなり慣れと技術が必要である。最初は全く上手くいかなかった。同時期に同じくコスプレ合わせを予定していた相方と、毎晩メイク自主練の成果をLINEで送りあい、

    「顎肉を殺せ」

    「中途半端な二重はコスプレにマジで邪魔」

    「二重を殺せ」

    などと励ましあいながら技術向上に励んだ。当時の我々のLINEトークにはトリミングされた濃い目元の写真が呪いのように並んでいたが、今となっては勲章のように思えるものだ。

     

     

    最終的に使用したコスメは以下に示す。

    ベースメイク

    1.ルナソル LUNASOL「モデリングコントロールベース 【#01】Glow」

     ……下地だけで毛穴が消えるというTwitter情報により購入。ほんとに消えるしファンデのノリがよくなる。

    2.DollyCosme「リキッドファンデーション バニラ(乳白色)」

    ……クラッセのコスプレ用ファンデ。ひと塗りで2.5次元のうたい文句の通り写真でレタッチいらず。すごい。ただ若干肌に乗りにくいので水パフと塗った後のブラシ処理は必須か。

    3.HELENA RUBINSTEI「プロディジー ルース パウダー EX」

     ……顔にいっぱいはたいても白浮きしなくていい。パフが小さいが。

    4.セザンヌ「フェース コントロールカラー 4:マットブラウン」

     ……目頭から小鼻とエラ部分に使用。

    5.CANMAKE「グロウフルール ハイライター [01]プラネットライト」

     ……ブルベになりそうな方の色を選択した。粉が花の模様に固められておりかわいい。

     

     

     

    アイカラー

    6.MAQuillAGE「フォルミングシャイニーアイズ(52)」

    ……ゴールドのみ使用。とっくに生産終了しているが、このゴールドのテクスチャが最高で捨てられない。アイメイクのベースカラーにした。

    7.INTEGRATE「アクセントカラーアイズ CC(BR693)」

     ……オレンジ系ブラウンで発色がよくかつ肌馴染みもいい。

     

     

     

     

    アイメイクその他

    8.BOURJOIS「ルガール エフェ メタリゼ 54 ブルークランカン」

     ……かなり発色の強いメタリックブルーのペンシルライナー。アイブロウとして使用。毛の上にそのまま乗るように発色するのでウィッグに負けない青い眉を実現できた。元々は昔の学戦オフの涼平コスのときのフェイスペイント用に買ったもの。ブランドがもう日本で展開していないのが残念。

    9. KATE「スーパーシャープライナーEX BR-1」

     ……目の際から二重ラインまでを埋めるのに使用。描きやすく濃さも適度。

    10.KATE「ダブルラインエキスパート」

     ……二重外側にダブルラインを描くために使用。数回重ね描きすると丁度いい濃さ。

    11.DollyCosme「カラーマスカラ ホイップ(白色)」

     ……地毛まつ毛に青いマスカラを塗る際発色を良くするための下地として使用。

    12.ブランド不明 カラーマスカラ(青)

     ……相方がくれた。青いつけまつげもこれで着色している。

    13.D-UP「EYELASHES ADHESIVE/EYELASHES GLUE SUPER HARD 502」

     ……接着力が強いつけまのり。

    14.Etia「Etia.Coeur 1dayブルーローズ」

     ……カラコン。強い青色で色名が素敵。

    ポイントメイクその他

    15.CANMAKE「マットフルールチークス [02]マットガーリーローズ」

    16.CANMAKE「リップティントシロップ [04]ポピーシロップ」

    ……朱色の唇にしようと思い強い色にした。

     

    CANMAKEは使いやすくて優秀なコスメがそろっている…

     

     また、つけまつげは青い商品が見つけられなかったので100均のものに着色して自作した。

    ’鬟泪好ラ→青アイシャドウ

    白マスカラ→青マスカラ

    青マスカラのみ

    の3通りの着色法を試したが最終的には青マスカラのみのものを採用した。,録Г明るすぎ、△鰐啾が太くなってしまったためである。また青マスカラが数日放置すると若干退色したため本番直前に作り直した。いくつか形を模索したが採用したのは細めナチュラルのものであった。マスカラを塗ると毛が太くなるので、毛束感が強く毛が太いものではダマになってしまったためである。なおつけまつげは上のまつ毛のみである。下まつ毛は白マスカラと青マスカラの重ね塗りで対応した。以下の写真は全没。

     

      

     

     

    ,離▲ぅラーで着色したもの 白すぎる

     

     

    ベースが長すぎ

     

     

     

     

     

     

     

     

    当日編

     

     ここで最後の難関である。王としての振る舞いができるのか。

     何が難関かというとここにきてこのような考えに捉われてしまったことであった。

     王としての言葉とは。作者様とは初対面だが妙に腰の低い挙動不審な関西弁の国王というのもどうかと思ったのだ。

    「語り部殿よ。お会いするのは初めてだな。語り部殿のおかげで我が美しきアルヤ王国は後世まで広く語り継がれることになった。褒美といっては何だがこれを取らせる。王宮で使っている職人に作らせたものだ。今後とも良きにつけ悪しきにつけアルヤの歴史を紡いでいってほしい。此度は大儀であった」

    というようなことをいうべきかと思ったのだが、まあまあ普通に挨拶してしまった。それでよかった。私のことはタウリス出身の影武者とでも思ってほしい。

     また、今回つけたものと同じネックレスを作者様のしゃしゃさんにお渡しした。引退したカマールを後々シャムシャ様が見つけ出し制作を依頼した品である。

     

     なお初回メイクリハでは2時間かかっていたメイクは訓練で早くなった分と当日カラコン・テーピングに手間取った分が相殺して当日一時間半となった。準備してきたものは遺憾なく発揮できたように思う。そしてヘッドチェーンとネイルは自分一人で装着できずスタッフさんにお願いしてつけていただいた。

    下は当日の成果とテーピングについてである。つりめテーピングを顎補正テーピングをしている。

     

     

     会場ではウィッグで首がほぼ回らない中たくさんの方に構って頂き非常に楽しい時間を過ごせた。お土産のお菓子を持っているのを阿波さんに「高貴な人がお菓子配っとる……」とコメントをいただいたのが心に残っている。

     しゃしゃさんが「スペースに座ってください」とおっしゃってくださったので、しゃしゃさんのいらっしゃらない間に勝手に売り子をやったりもした。勿論留守を預かるKさんのご指導の下である。セフィド本に興味をもって下さった方にKさんと二人、「私が表紙を描きました!」「私が表紙のキャラのコスプレをしています!」とアピールしたものの二人とも特に作者ではなかったりした。

     

     

    全身

     

    王もカフェを楽しむ

     

     

     今回とても嬉しかったのは、私のコスプレがきっかけでセフィドの本を購入してくださった方がいたことだ。この話が多くの人に読まれることに貢献できる、そのことほどファン冥利に尽きることはないだろう。

     

    村焼き上手のシャムシャちゃん後ろ姿

     

     

    謝辞

     コスプレをご快諾くださったしゃしゃさん、進捗を見てくださったKさん、技術面・精神面で多大なサポートをしてくださったキラさん、そして当日送り出してくれたオトモとコトモに感謝の意を述べたいと思う。

     

    ありがとうございました!

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/896956
    この記事に対するトラックバック